スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一発レッドカード

 31, 2012 17:01
なぜか「はさみ将棋」をしようと持ちかけてくる息子。


単純なルールだけど実力が拮抗してるといい勝負になる・・・
しかし、そこはさすがに小学5年生、まだまだ僕が負けるわけにはいかない。


昨夜の事
息子がお姉ちゃん(中1)をつかまえて勝負していた。

チラチラと覗いてると
僕から鍛えられた息子はそこそこ強くなってて
お姉ちゃんが劣勢でした。

そこで息子はお姉ちゃんにアドバンテージを与えていました・・・・・

と、そこまでは良かったのですが
今度は一気に息子が劣勢になりはじめ・・・

そこから大喧嘩!

最初は口だけだったけど
息子が「蹴り」を放ったところでレフェリーストップ(あ、僕がレフェリーです)
ちなみにお姉ちゃんからは手出ししてません

もちろん1発レッドカード
退場です。
さすがに寒いので外へは放り出しませんでしたけど。。。


頭に来るのは仕方ない、誰でもある事だけど
それを感情のままに放出してたら大変な事になる
もう6年生になるのだからちゃんと感情をコントロール出来るようにならないといけない。と
昏々と説きました。

あんなに激しい口調で子どもに言いきかせたのはいつ以来かわからないくらいに
久しぶりの事でした。


そして今日はチーム練習日ですが
もちろん出場停止なので練習へは行かせません。



で、さきほど携帯が鳴りました。

「昨日はごめんなさい。練習に行ってもいい?」と息子からでした。

もちろんダメです。

レッドカードは重いものなのです。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  
スポンサーサイト
昨日は1時間30分のジョグ。
その後、スイムの予定でしたが、体が冷えてしまって気持ちがくじけてしまいました

そのお陰といってはなんですが
俳優のしょうえいさんがリポートする車いすマラソンの番組を見て
たいへん感動させていただきました。

大きな勇気を与えてもらいました。ありがとうございました。


さて、息子のサッカーですが・・・
選考漏れしました、地区トレセン

親としてはもう少しいってもらいたかったですが・・・
ま、これも仕方ないことでしょう。


最近、親バカとしての目ではなく
客観的に「伸びてきてるな~」って感じてて
最近の成長具合とトレセン進行がどうにかうまい事同調してくれたらないいなーって
わがまま存分に思っていましたが無理でした(笑)

息子にはこの選考漏れが「今」必要なことなのでしょう、きっと。


ま、彼が一所懸命にやった結果がこのような形になりましたが
全く悲観するような事ではないと思っています。

子どもの性格もありますしね(笑)
逆に、いい方向転換へのきっかけになればいいなって・・・


今後、息子の気持ちの持ち方次第では
この先に素晴らしい未来が必ず開けてくるので
それを親としても楽しみにしています。

それから
「子どもの限りない可能性を伸ばす」ということは
まずは親の凝り固まった価値観を子どもへ刷り込まない事から始まると思っています。

これはサッカー等のスポーツに限った事ではありません。

「指示」するのではなく
「より建設的な話し合い」を大切にしたいです。

そして
チャレンジする純粋な気持ちと姿勢を子どもから学びたいと思っています。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  

「朗らか 謙虚 素直」

 11, 2012 13:45
読売巨人軍の原監督が講演を行ったと今朝の新聞にありました。

その中での質問で
「成功する選手とはどんな選手ですか?」(だったと思います)という質問に

原監督は
「朗らかであること、謙虚であること、そして素直であること」だと答えたそうです。
少なくともこの3つの内の2つは兼ね備えた選手が成功しているとの事でした。

これを読んでプロもアマも同じなんだなと
ある意味ホッとしました。

特にジュニアスポーツでは
最後の「素直さ」が一番大きなウェートと占めるのではないかと思います。


ジュニア世代の子どもはとにかくスポンジのように何でも吸収しようとします。
特に素直であればあるほど

「どうして?何で?・・・」等、質問が繰り返されると思います。

大人は面倒臭がらずに丁寧に応えてあげましょうネ。


頭ごなしに凝り固まった大人の偏見を子どもに植え付ける前に
とにかく子どもに何でも経験させ、感じさせ、考えさせ、自分で判断できる時間を持たせてあげることが大切だと思うのです。

結果を急がない事です。



逆に大人が子どもに接する時は
「朗らかさ」「謙虚さ」が大切だと思います。

朗らかな大人には自然と子どもから近寄ってきます。
謙虚な大人は子どもをリスペクトできます。

アマチュアスポーツ、特にジュニア世代は指導者の影響がです。
指導者次第と言っても過言ではないです。

スポンジの柔らかさを持つ子どもに対して指導をするのです。
これからの日本のスポーツ界、社会を支えていく子どもを指導するのです。
いい加減な気持ちでは務まりません。

真摯に謙虚に学んでよりよいスポーツ界、社会にしていきましょう!



にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  

今年もワクワク!(^^)!

 06, 2012 14:50
あけましておめでとうございます。


遅いですね(笑)


年末から昨日にかけてジョグだけはなんとかできています。

スイム、バイクはゼロ。。。

ま、正月太りを多少なりとも押えられたので良かったことにしましょう


一方息子はというと
昨日の初練習までサッカーはしてませんでしたね(笑)
庭でリフティング、私とパスをした程度。

約1週間リフレッシュできたのではないでしょうか

今年はジュニア世代最後の6年生になります。

どれだけ伸びていくのか想像しただけでもワクワクします

2012年、今年もよろしくお願いいたします!(^^)!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。