小さくまとまるな

 28, 2013 09:23
DSC_0989.jpg

U-13トレセン
この場に立つ事で他チームの上手な選手たちと切磋琢磨できる。
貴重な体験をさせていただいている。

しかし
今は結果を出そうとせずに、出来ない事へ果敢にチャレンジしてほしい。
はね返されても、吹っ飛ばされても
どんどん挑戦してほしい。

その継続が数年後には必ず大きな実をつけることになる。


選考される、されないで「その個」のサッカー選手としての価値が決まるものではない。


まだまだ中学生
小さくまとまるな。
もったいない。


にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ

お祭り男

 27, 2013 11:53
先週末に行われた地元のお祭りです。
DSC_0058ps.jpg

落ちなくて良かった。。。

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ

50m走

 24, 2013 17:27
50m走の記録を計ったそうです。


なんと学年で1番。。。

生徒数が少ないからなんとも言えないですが

ココでみると一応平均より速いので上出来ですね

中1、12歳と6ヶ月 7秒5.

ちなみに僕は高校まで野球経験者。短距離は速かったので右投げ左打ち1番打者でした。

50m走は中3の時の記録しか残ってないけど 6秒7.
当時学年で二番。

一番は6秒6.


息子には父親の僕をせめて超えてほしいです・・・って、軽く抜かれそう


にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ

7週間

 22, 2013 18:16
骨折から丁度7週間が経ちました。


普通に歩くには支障はありません。

しかし
骨折箇所に負荷がかかるような足の運びはさすがにまだ出来ません・・・痛いです


ドクターは全治7~8週間との診断なので
あと1週間はおとなしくしておきます。




にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ

らしさ

 20, 2013 18:13
5月18日(土) vs 小倉南

1-1 分け

すごく良い試合でした。


オリエントの選手は相手の1.5倍は走ってたと思う。

ひいき目を考慮しても1.3倍は走ってた。


勝敗は抜きにして、オリエントらしさが存分に見られ、そして感じられた試合でした。


前半終了間際のいや~な時間帯に失点し、悪い流れになるかと予想された後半
始って間もなく同点に追いつく。

その時
横でアップしていたNEOの選手が

「オリエント魂」と

ボソっと言ったのが印象的でした。


応援してる側が、すごく元気をもらった試合でした。


試合会場となった猪位金グランドは田舎の中の田舎にありますが
僕の会社事務所から車で5分の所です(笑)

こんな近くで県1部リーグの試合がみられるなんて、有難いです。。。
(ちなみに筑豊緑地グランドも近いです(^^♪)


PS
次の試合
TINO vs NEO も観戦しましたよ。

0-0 分け

コチラも見ごたえのあるゲームでした。


にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ

大人の責任

 17, 2013 08:54
◆致知出版社の「人間力メルマガ」-----2013年5月16日 ◆


 
  『致知』が届けば、まずここから読む、というファンも多い
   人気コーナー「致知随想」。

   本日は現在発行中の『致知』6月号より、
   体操日本代表の田中三兄妹(和仁選手・佑典選手・理恵選手)の
   父親であり、和歌山北高校体操部顧問の
   田中章二氏の随想の一部をご紹介します。





人の話をよく聞いたり、場の空気を読めたりする
精神年齢の高い子は上達も早いため、
そうした機会や課題をなるべく多く与えたいと考えてきた。


これは長男の和仁が三歳の時のこと。

スーパーへ行くと、キッズコーナーにお金を入れれば動く
電動式の乗り物があった。和仁は跨って遊んでいたが、
私は最初からお金を入れてやることはせず、
その日はそのまま帰ることにした。

次に行った時、和仁の目線の先に、
動いている乗り物で遊ぶ子供の姿があった。

和仁はその子が乗り物から降りるとすぐそちらへ駆けていったが、
止まってしまった乗り物はもう動いてはくれない。

三回目、和仁は自分は乗り物に乗ろうとはせず、
やってきた親子連れの姿を見ていた。
そしてその親がお金を入れて乗り物が動くところを
目にしたのだろう。

私のほうへ駆け寄ってきて、

「お父さん! あそこにお金を入れたら動くんや」

と実に嬉しそうに話をした。

その時、私は単にそうかとお金を渡すのではなく、

「おまえ、よう見抜いたなぁ! 
 自分で分からんことがあった時には、
 まず周りをよく見ることが大事なんや。
 おまえは凄い。きょうは好きなだけ乗せてやる」

とわざと誉めちぎった。
和仁は七回連続で心ゆくまで乗り物に乗った。

これと同じことがスポーツ指導にも言えるだろう。
大人に求められるのは子供が自ら考え、
答えを出すのをじっと待ってやることで、
端から正解を教えてしまっては本人の身にならない。

身体能力がいかに恵まれていても、
それだけで強くなっていけるのは
小学校六年生程度までがせいぜいで、
頭を使えない子は必ず行き詰まってしまう。

子供が持つ可能性は無限だが、
その能力を伸ばしてやるための環境づくりをし、
いかに本気に、真剣に取り組ませることができるかは、
我われ大人の役割であり、責任であると言えるだろう。





スポーツの世界だけではないと思う。
社会全体に言えることだと。

未来を担う子どもたちを育成する
我々、大人一人ひとりの責任は重大です。

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ

学業が本分

 14, 2013 15:04
息子が所属する
クラブチームの所在地は隣の市にあります。

そんな兼ね合いもあり
コチラの市の学校行事と隣市の学校行事との開催時期が同じではないことが多いです。

例えば

運動会。
コチラは秋、隣は春。

中間考査試験
コチラは5月、隣は6月。

そして、息子が通う中学校では、今年度から土曜日授業が年に5回ほど行われることになっています。
隣市がそれを行うかどうかもわかっていません。

で、今週の土曜日はTRMが組まれていますがコチラではその土曜日授業があります。
今月25日26日は隣の市では運動会なのでサッカー行事はお休みですが、コチラはドフリーです(笑)

といった具合になかなかうまくかみ合いませんが、仕方ありませんよね


当然、学校行事を優先します。

学生は学業が本分ですからね

この辺はブレません。
にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ

休日

 13, 2013 09:47
日曜日のTRM。

息子はイマイチだったけど
色々と考えて新しい技も試してみたとのことでした。
すぐに結果は出るものではない、諦めずに継続することが大切ですね。

で、TRMから帰宅後、着替えもせずボールと戯れていました。

その様子を見届けて僕は
骨折以来初めてのスイムへ行きました。

DSC_0970a.jpg

痛みはありませんでしたが
やや違和感がありました。

それにしてもスイム筋が衰えすぎですね
腕が上がらん・・・

ま、

ボチボチやります。

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ

シュートが見つめる中・・・

 11, 2013 15:56
金曜日からの1泊2日「ふれあい学習」へ行っていた息子が帰って来ました。

「サッカーがしたかった」と言って
帰宅早々「個猿」と化していました

DSC_0053a.jpg
その個猿を見つめるシュート↑(ネコの名前です)

明日のTRMで弾けろ!
にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ

進捗

 09, 2013 10:44
ギブスがはずれて約2週間。

痛い日と痛くない日がありますが
回復へ向かっています。

辛抱です

変化

 07, 2013 09:33
GW最終日。
チーム遠征D合宿から帰って来た息子は前回以上の15時間半という超爆睡(@_@;)

で、目覚めの朝(昼)は身長を計るも・・・(-_-)
で、夜は早速自発的に、黙々と「猿蹴」

ほんの少しだけど、微かにだけど
確実に何か「変化」が起きてますね。

楽しく成長を眺めます(*^^)v
P5060009aj.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ



熱と誠

 04, 2013 09:31
◆致知出版社の「人間力メルマガ」-----2013年5月4日 ◆



日本の近代医療の礎を築き、世界の医学史に
      その名を残す細菌学者・北里柴三郎。

      医道の追究に生涯を賭し、国家発展のために尽くした
      一灯照隅の生き方を、曾孫の北里英郎氏に
      語っていただきました。
 
     『致知』最新6月号より、記事の一部をご紹介します。

         北里英郎(北里大学医療衛生学部長)
 
               
              『致知』2013年6月号
               特集「生涯現役」より


└─────────────────────────────────┘


一八九一(明治二十四)年、
ベルリン滞在中の北里柴三郎を、一人の青年が訪ねてきた。

ストラスブルグ大学留学中の医化学者で、
後に京都帝国大学総長となる荒木寅三郎である。

当時三十八歳だった柴三郎は、
こんな言葉で彼を勇気づけた。


「君、人に熱と誠があれば、何事でも達成するよ。
 よく世の中が行き詰まったと言う人があるが、
 これは大いなる誤解である。

 世の中は決して行き詰まらぬ。

 もし行き詰まったものがあるならば、
 これは熱と誠がないからである。

 つまり行き詰まりは本人自身で、
 世の中は決して行き詰まるものではない。

 熱と誠とをもって十分に学術を研究したまえ」


寅三郎はこの言葉を心に深くとどめ、一心に研究に打ち込んだ。
結果、恩師であるホッペザイレル教授の信用をますます得て、
医化学者として大成したという。

当時の日本は開国からまだ日が浅く、
近代医学においては欧米諸国の後塵を拝していた。

そんな中、様々な障壁と闘いながらも
自ら道を切り拓いてきた柴三郎が、その体験に基づき、
伝えようとした一つの信念だったのだろう。






以前、仕事が超忙しい時がありました。
それは丁度、桜が咲く季節でした。

そんなある日現場にいると、風に舞う桜の花びらが目に映りました。
もう散り始めていたのです。

「あー、今年は桜の花も美しいと感じる余裕が無かったな・・・」

当然、その頃の日常は桜の花も見えていたと思いますが、それを見て綺麗だとか、春だとか、和む、とか全く感じられなかったのです。

世の中は淡々と流れています。
春が来て夏、秋、冬・・・朝が来て昼、夜・・・淡々と刻々と。

桜の花は綺麗なのにそれを感じられない・・・
良い音楽にしてもしかりです。
自分の心がそうさせているんですね。

全ては自分の心が決めているんだな、と思いました。


ある一つの事を良い事と捉えるか悪い事と捉えるかもその人の受け取り方次第。


自分が苦しい時、
世の中が苦しいことはない、もし仮に世の中が苦しいとしても
それに同化して紛れてそれを自分の隠れ蓑としてはいけない。

しっかりと課題と向き合い熱と誠を持って臨みたいものですね。


今日は
今朝のメルマガからの引用と感じた事を書きました。

DSC_0037s.jpg

戦志

 02, 2013 08:29
これで外見だけは立派な


「オリエント戦志」


あとは中身だな


頑張れ

DSC_0030.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ

ちばりょー

 01, 2013 20:05
今日は、骨折した所がやけに痛むのは・・・何故。。。



県トップリーグ
前期7試合消化現在、8位と低迷中。

下位4チームは下部リーグの1,2位と入れ替え戦があるらしいです。


ちばりょー!オリエントFC☆


WHAT'S NEW?