スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変な造語「日本人1位」

 29, 2006 14:43
5月28日長崎県五島で行われたアイアンマンジャパンで宮塚英也スポーツ研究所(MSL)所属の今泉奈緒美選手が途中度重なるアクシデントにみまわれながらも見事日本人女子1位&アイアンマンワールドチャンピオンシップへの出場権をゲットしました
naomi-imaizumi.jpg

以前もこのblogで紹介しましたが↑画像の選手が今泉奈緒美選手。

今回のレースは今年の2月に福岡県宗像のチームVIKINGから栃木県那須のMSLへトレーニングの拠点を移しアイアンマンシリーズとしては初めてのレースで、おそらくは日本中のトライアスロン関係者から注目されていたのではないでしょうか?

23歳にしてすでに日本国内でのロングディスタンスでは間違いなくトップの実力です。しかし彼女には日本人が作った変(嫌)な造語『日本人1位』の枠に納まってほしくないし、彼女にはその世界枠で戦い勝利するだけの実力があると私は確信しています

今年の10月にコナで行われるアイアンマンワールドチャンピオンシップ
まで約5ヶ月あります。この間じっくりとトレーニングをしワールドチャンピオンに是非なってほしいものです

今後の彼女の活躍からますます目が離せなくなってきました

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。