FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバウンド王にならないために

 08, 2006 21:21
人間の体は非常に神秘的で奥が深いものだと言う事は誰もが感じている事だと思います。例えば、私はギターを弾きますが始めて間もない頃は痛くて弦が押さえられませんでした。しかし現在は指先が硬くなり弦を押さえても痛くありません。野球やゴルフでの素振りで手にマメができます。できたばかりの時は痛くてバットやクラブは握れませんが次第に皮が硬くなってきてなんともなくなります。これらは体がそれに耐えようとして順応しているのです。

今私がやっているトライアスロンでも同じ事が言えます。同じ負荷(心拍強度)で同じコースを走ると始めた頃に比べると、同じ心拍数なのに次第に速く走れるようになります。
例えば私の場合、130拍/分という心拍設定で約1.6kmを走るのに最初は10分20秒かかっていました。しかし現在では同じ強度で8分30秒で走れるようになっています。これも順応してるということになります。

ではこの130拍/分のトレーニングを継続していくとこの調子でドンドン速く走れるようになるかというとそうではないのです


すみません長くなりそうなのでまた後日書かせていただく事にします

COMMENT - 1

-  2006, 06. 12 [Mon] 13:38

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。